ごぶごぶ速報

気になった記事を幅広いジャンルでまとめていきます。

          

カテゴリ:ニュース > 芸能

454



1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/16(火) 23:35:07.00
15日放送の「好きか嫌いか言う時間」(TBS系)で、坂上忍がYouTuberの存在を、芸能人の立場から危険視した。

番組では「子どもの憧れYouTuber 聞きたいことを聞く時間」と題して、スタジオにはYouTuberやニコニコ動画配信者らを招き、司会の坂上ら芸能人と討論を繰り広げた。

パネリストの渡辺満里奈やブラックマヨネーズ・吉田敬の子どもがYouTubeに強烈にハマっている話を踏まえ、坂上は「今の子どもたちが、僕ら世代になったときにヤベエのかなって、急に思い始めてきた!」とYouTubeがテレビにとって脅威になることを語った。

そして「ということは、僕ら(芸能人)にとったら敵ですよ!」「だから、負のイメージのほうが、ちょっと強すぎるのかもしれない」とYouTuberの印象は悪いようだ。

また、バイきんぐの小峠英二も「ルール無用の中で、テレビに出られない人たちがやってる印象」「まったく興味が無い」と強い口調でYouTuberを批判した。

一方で、自身も動画配信(LINE LIVE)をこなすりゅうちぇるは「でも、テレビではできないことを動画でやってくれるから、すごく面白いし」「ないともう無理!」とネット動画の魅力を語った。

すると、坂上は「あれなの? りゅうちぇるの場合、今後のことを考えてどっち(テレビとYouTube)も行けるようにしてるの?」と、迫ると、りゅうちぇるは「確かに…SNSはマジで大事」と本音を漏らして、笑いを誘っていた。

2017年5月16日 9時50分 トピックニュース
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13067773/

2017/05/16(火) 12:29:32.35
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1494905372/

【<坂上忍>Youtuberの台頭を危険視!「僕らにとったら敵」「今の子どもたちが、僕ら世代になったときにヤベエのかなっ」 】の続きを読む
 

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/15(月) 23:37:24.65 
http://japan.techinsight.jp/2017/05/kay05151458.html

歌手アヴリル・ラヴィーン(32)につき、「実は2003年に死去しており、今いるアヴリルは偽物だ」とする陰謀論が話題になっている。「かれこれ10年以上は偽物が本人として活動している」という噂の真相は?

人気歌手アヴリル・ラヴィーンとして現在活動している女性は、実は偽物―そんな噂が今、話題になっており「本当にこの世にはもういないの?」と心配するファンもいるようだ。

この「アヴリルの偽物が本物になりすましている」という説には“偽物の名”まで登場し、非常によくできた筋書きとなっている。今回の噂の出所はブラジルのファンサイトだったもようで、それによるとデビュー直後に有名になったアヴリルは「ソックリさんに仕事をさせるようになった」といい、その後は鬱を患って自宅にて死去。それを機に、会社はソックリさんを本物のアヴリルとして使うようになったというのだ。

しかしこのサイトは、噂がTwitterなどで散々拡散した後「全てがいかに真実らしく聞こえるか。それを示すためのブログにすぎない」と説明を加え、以下のような文章を載せている。

「ネットで見るものを全て鵜呑みにする人が多い。しかしそれでいいのでしょうか。」
「アヴリルは生きています。ソックリさんと入れ替わってもいません。このセオリーを私が創り上げ何千人もの人がそれを信じたのは、実際に何もかも鵜呑みにする人が多いからです。」

ちなみに死亡説をいきなり拡散されるセレブは多く、過去にはトム・ハンクス、マイリー・サイラス、トム・クルーズらも「死去した」との噂が広まった。それが人気を示す指標とも言えるのかもしれないが、人の死に絡めた噂は非常に悪趣味である。

出典:https://www.instagram.com/avrillavigne
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

2017.05.15 18:30

no title

【【驚愕】アヴリル・ラヴィーンに奇妙な噂 「実は2003年に死去。今いるアヴリルは…」】の続きを読む
 

637



1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/15(月) 21:12:05.67 
 5月12日、大阪・ミナミで飲酒運転をしたとして逮捕され、翌13日に釈放されたお笑い芸人のガリガリガリクソン(本名・坂本祐介)。吉本興業の先輩でもあるダウンタウン・松本人志は14日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演し、ガリクソンに対し「こういうのは本当に邪魔」と切り捨てた。

 また、ガリクソンと酒席で一緒だったというグラドルの門楼まりりんは15日、「ノンストップ!」(フジテレビ系)にVTRで出演し、当日のガリクソンについて「5分、10分の間に濃いハイボールを2杯も飲んでいた」など、相当な酒量だったと証言し、「無理矢理でもタクシーに乗せるべきだった」と後悔を口にした。

 しかし、門楼は逮捕翌日の深夜、当日のガリクソンの様子をツイッターに写真とともにアップ。「ほとんどロックに近いハイボールを40杯は軽く超えてたかと…」と他人事のようにつぶやいていた。現在は削除されているが、猛批判にさらされている。

 門楼は、「ノンストップ!」で「(ツイッターにアップしたのは)お店の宣伝のために頼まれたから」と釈明したが、ネット上では「事が起きたあとで、そんなこと言っても意味がない」「売名失敗おめでとう。一緒に消えてください」など、厳しい意見が殺到。芸能ジャーナリストも、こう言う。

「たしかに売名ととられかねない行為。門楼は事務所からすぐさま活動自粛を言い渡されたが、その前にインタビューに応じて、しっかりテレビに出ている。とはいえ、ガリクソンにしても、宗教活動に専念すると発表した女優の清水富美加から、出家前に相談を受けていたという話をツイッターで明かし、名前を売ったわけですからね」(芸能ジャーナリスト)

 ガリクソンも門楼も同じ穴のムジナということか

アサジョ2017年5月15日18時15分
https://news.infoseek.co.jp/article/asajo_29359/

【ガリガリガリクソンを売ったグラドルに売名失敗おめでとう」「一緒に消えて」の非難殺到! 】の続きを読む
 

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/15(月) 18:59:50.27 
https://mdpr.jp/news/detail/1686790
2017.05.15 11:52

女優の剛力彩芽が雑誌「Sweet」6月号に登場。今号よりスタートした新連載では、イメージを一新した姿を見せた。

毎号違うフォトグラファーが剛力の新たな魅力を引き出すべくセッションする同連載。
記念すべき第1回目には、中村和孝氏を迎え“危険な香りがする女性”をテーマに撮影。
「A|X アルマーニ エクスチェンジ(A|X ARMANI EXCHANGE)」イメージアンバサダーに就任した剛力は同ブランドのデニムシャツを着こなし、はだけた胸元やお腹から素肌をチラリ。カジュアルなのにエロティックな空気を醸し出した。

また今回のテーマが理想の女性像という剛力。「もともとボーイッシュや中性的な感じが好きなので、その内側から可愛さや色っぽさを出せたらと思っています」とコメントした。
(modelpress編集部)

no title

no title

no title

【【芸能】剛力彩芽、SEXY素肌を披露 “危険な香りがする女性”に変身でイメージ一新!】の続きを読む
 

255



1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/15(月) 20:42:49.25 
フィギュアスケート世界選手権2017で大逆転優勝を華麗に決めて、ファンを歓喜させた羽生結弦選手。その人気は、シーズンオフになっても留まるところを知らない。

「5月9日に恋愛、結婚にまつわる情報サイト『セキララ☆ゼクシィ』が発表した、20代から30代の女性が選ぶ『結婚したい有名人ランキング2017』のスポーツ部門で、プロ野球の大谷翔平選手(5位)やテニスの錦織圭選手(同率3位)を抑えて、羽生選手が堂々の1位になりました。フィギュア選手としてすごいという枠を越えた好感度の高さが表れています」(女性誌記者)

 ちなみに、2位はサッカー日本代表の長友佑都選手、同率3位は同じく長谷部誠選手だった。

 テレビ番組でも周りを気遣う羽生選手の「神対応」が報じられたことがあり、世の女性はその人柄にも熱い視線を送っている。スポーツライターが語る。

「羽生選手が若い女子にとって身近なスポーツ選手になった証と言えるでしょう。もともとフィギュアスケートファンの年代は高めで、海外の試合会場を見ても中高年層が多かったですし、日本でも選手を追いかけて応援するようなファンは、時間的にも経済的にもゆとりのある中高年の人が中心でした」

 しかし、羽生選手が頭角を現してからは若い世代の観客が増え、試合会場を見てもファン層が広がっていることがわかるという。

「羽生選手の演技直前に黄色い声援を送るなど、スケート観戦のマナーを知らない観客が増えたと報道されたこともありますが、これも羽生人気で若年ファンが増えたことによる現象。注目されるのは競技にとって悪いことではありません。今後もフィギュアブームは盛り上がっていくでしょう」(前出・スポーツライター)

 羽生選手には、少しでも長く選手としてファンの熱い声援を受け止めてほしいものだ。

(芝公子)

アサジョ2017年5月15日18時15分
https://news.infoseek.co.jp/article/asajo_29332/

【「結婚したい有名人」スポーツ部門 大谷翔平より上!第1位とは…】の続きを読む
 

このページのトップヘ