ごぶごぶ速報

気になった記事を幅広いジャンルでまとめていきます。

           

656



1: 以下、ごぶごぶ速報@VIPがお送りします 2017/11/08(水) 20:15:39.93 _USER9
「週刊文春」史上初のアンケート企画「紅白に出てほしい歌手・出てほしくない歌手」のランキングが確定した。
アンケートは9月29日から11月6日まで、小誌メルマガ会員を対象に募集し、回答総数は4500票超にのぼった。
「出てほしい歌手」部門の1位は1121票を集めた安室奈美恵(40)。
「出てほしくない歌手」部門の1位は1879票の得票で和田アキ子(67)という結果になった。

「出てほしい歌手部門」で注目すべきは、5位にランクインしたSMAPと6位の北島三郎(81)。
SMAPは最後の出演が実現するかと注目を集めた昨年の紅白も結局は出場しなかったが、
「いつの日か、また再結集して出てほしい」(53・男)といった声が多数寄せられた。
また、演歌の大御所・北島三郎からは「週刊文春」にコメントが届いた。北島は2013年の紅白を最後に“卒業”しているが、
「昔の紅白は、まさに歌合戦でした。時代の流れとともに、今では“観せる”紅白になってきた気がします」。

「出てほしくない歌手部門」では、AKB48が2位に。「ひと枠でいい。AKBとか欅坂とか乃木坂とかキリがない」(52・女)といった意見が目立った。
また、3位に嵐、8位にTOKIO、13位にSexy Zone、18位に近藤真彦が入るなど、毎年多数出場するジャニーズ所属のタレントに対し、
「ジャニーズだからといって、枠が多すぎて他の歌手が少なすぎる」(13・女)といった指摘も散見された。

11月9日(木)発売の「週刊文春」では、「紅白に出てほしい歌手・出てほしくない歌手」のトップ30とワースト30を評論家のコメントなどとともに詳報している。

http://news.livedoor.com/article/detail/13862580/
2017年11月8日 16時0分 文春オンライン

【週刊文春「紅白歌合戦」大アンケート結果発表!出てほしくない歌手」部門の1位は和田アキ子 AKB48が2位 】の続きを読む
 

655



1: 以下、ごぶごぶ速報@VIPがお送りします 2017/11/08(水) 19:06:22.01 _USER9
日本音楽著作権協会(JASRAC)は11月8日、外国映画で使われている音楽の上映時の著作権使用料について、現在の「1作品当たり18万円」の定額から、「興行収入に応じた額」に変更するよう、業界団体に求めていると明らかにした。最終的には「興業収入の1~2%」の徴収を目指すという。

 数百億円の興行収入を稼ぐヒット作品でも、上映使用料が18万円と低額に固定されており、「適正な対価が還元されていない」と判断。JASRACの大橋健三常務理事は、「欧州各国に比べると、映画音楽の上映使用料徴収額が極端に少ない。内外格差を縮めたい」と話す。

 現在、海外映画の音楽の上映使用料は、1作品当たり18万円を、配給業者がJASRACに支払っている。この額は、映画館運営事業者の業界団体・全国興行生活衛生同業組合連合会(全興連)との規定で決まっているという。一方、日本映画は、1曲当たり「映画の録音使用料の5%×同時上映最大スクリーン数」という計算。これも配給業者がJASRACに支払っている。

 2014年、JASRACが徴収した上映使用料の額は約1億6657万円と、映画の総興行収入(約2000億円/邦画・洋画合計)の約0.08%。英国の1%やフランスの2%などと比べると極めて低く、「適正な対価が還元されていない」と判断した。

 「10年以上前から、欧州や米国の著作権管理団体から、徴収額を上げるよう強く言われている」(JASRACの大橋常務理事)など、海外の権利者からも、値上げを求める声が寄せられているという。

 JASRACは6年前から、値上げについて全興連と協議してきたという。全興連側は「これまでの状況との乖離が激しい」と反発しており、妥協案を協議中。JASRACとしても「実情を見ながら段階的に着地点を目指したい」としており、急激な値上げは避け、段階的な対応を検討している。

 全興連はITmedia NEWS取材の取材に対して「弁護士と相談して協議する」と述べるにとどめた。

 またJASRACは、上映使用料の支払い者を、配給業者から劇場に変えていきたいという。「映画の上映主体は、配給事業者ではなく劇場。興行収入も劇場が把握している」(JASRACの江見浩一複製部長)ためだ。

全文はURL先で
http://www.itmedia.co.jp/news/spv/1711/08/news082.html
JASRAC側の主張
no title

no title

no title

【【JASRAC、映画音楽の上映使用料値上げ求める 洋画は一作品「18万円」→「興収の1~2%」に 】の続きを読む
 

654




1: 以下、ごぶごぶ速報@VIPがお送りします 2017/11/08(水) 20:53:20.07 _USER9
 白石容疑者が生まれたのは1990年10月。妹が誕生した翌年の94年に、一家は現場アパートと同じ座間市内に新居を構えた。

 地元の公立小中学校に通っていた容疑者だったが、白石家と親しい近所の住民は“10年程前から父母は別居状態にあった”と明かす。

「奥さんが妹さんだけを連れて、家を出てしまったんです。“離婚したの?”とお父さんに聞いてみたら、“違いますよ”“娘が遠くの学校に通うようになりましてね。心配なので、母親も付いていくことになりました”と。でも娘さんはもう大人なのに、奥さんはまだ帰ってきませんね」

 両親の“別離”が、思いのほか容疑者の人生に暗い影を落としたのだろうか。中学卒業後は、横浜市にある神奈川県立商工高校に進学。当時の友人は“目立つ奴ではありませんでした”と振り返るが、

「実はあいつ、芸能界にも興味を持っていたんですよ」

 と知られざる逸話を明かすのは、さる同級生だ。この同級生によれば、白石容疑者は大手の芸能養成学校に通っていたといい、

「日テレの何とかという連ドラのエキストラのオーディションに受かって、テレビに出たことがあるそうです。“何千人の中で選ばれた”と自慢していました。とは言っても、映ったのは、後姿がチラッとだけだそうですが」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171108-00532563-shincho-soci

【【座間9遺体】容疑者の歪んだ青春 別居父母、ドラマ出演の過去も 】の続きを読む
 

529





1: 以下、ごぶごぶ速報@VIPがお送りします 2017/11/08(水) 20:53:39.19 _USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171108-00000545-san-soci

神戸地検姫路支部は8日、無免許運転で検挙されたにも関わらず
乗用車を運転したとして、同地検社支部が道交法違反(無免許運転)
容疑で兵庫県加東市の警備員の男(49)を逮捕、起訴したと発表した。
男は無免許運転の罰金を納付するため乗用車を運転して同支部を
訪れたといい、容疑を認めている。

逮捕容疑は、10月16日午前11時50分ごろ、加東市内の路上で
乗用車を無免許で運転したとしている。

神戸地検姫路支部によると、男は平成28年11月2日、同市内で
無免許運転をしたとして検挙され、今年6月に神戸地裁社簡裁から
罰金40万円の略式命令を受けた。10月16日に男が罰金を支払うため
神戸地検社支部を訪れた際、応対した検察事務官が、男が雨天なのに
ぬれている様子がないことを不審に思い検察官に連絡。男が乗用車を
運転して駐車場から路上に出たところを現行犯逮捕した。

【車を運転して無免許運転の罰金を納めに来た男を逮捕】の続きを読む
 

504



1: 以下、ごぶごぶ速報@VIPがお送りします 2017/11/08(水) 15:16:58.71 _USER9
 神奈川県座間市のアパートで男女9人の遺体が発見された事件で、警視庁が白石隆浩容疑者(27)(死体遺棄容疑で逮捕)のスマートフォンを解析した結果、9人以外にも複数の女性を、自宅に誘い込もうとしていたことが捜査関係者への取材でわかった。

 同庁は、白石容疑者が事件が発覚した10月30日以降も、殺害を計画していたとみて事情を聞いている。

 白石容疑者の自宅からは遺体が入ったクーラーボックスや収納箱計7個のほか、空の収納箱1箱が見つかっており、同庁は、新たな遺体を入れるために用意したとみている。

 捜査関係者によると、白石容疑者はクーラーボックスや収納箱について、「遺体を遺棄するために買った」と供述。一部は殺害前に購入しており、事件のたびに買い足していたという。白石容疑者は、遺体を自宅に置いていた理由について、「免許は持っていたが、ペーパードライバーで車の運転ができず、運べなかった」と供述している。

(ここまで399文字 / 残り546文字)

2017年11月08日 15時00分
YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/national/20171108-OYT1T50060.html?from=ycont_top_txt

【【座間9遺体】容疑者、「ペーパードライバーで車の運転ができず、運べなかった」 自宅に遺体置く 】の続きを読む
 

1: 以下、ごぶごぶ速報@VIPがお送りします 2017/11/08(水) 12:28:12.87
乃木坂46東京ドーム公演でカメラ落下 男性負傷 8日は予定通り実施

 アイドルグループ乃木坂46が7日に行った東京ドーム公演で、ワイヤーに釣られたカメラが観客席に落下し、男
性3人が軽傷を負っていたことが8日、分かった。東京ドーム公演はこの日も行われるが、所属事務所関係者はデイ
リースポーツの取材に対し、この日の公演も予定通り実施するとした。
 事故が起こったのは7日午後8時過ぎ。東京ドーム公演中にワイヤーで釣られていたカメラが観客席に落下しイス
を直撃。飛び散った破片などで男性3人が軽いケガをした。
 東京ドーム公演は7、8日の2日間公演。乃木坂46にとっては初めての東京ドーム公演だった。関係者はこの日
の公演について「同様の撮影機材は使用せず、安全性を確認し、実施いたします」とコメントした。
 乃木坂46公式HPでも事故を報告。「昨日、11月7日に行われました『真夏の全国ツアー2017FINAL
!』において、撮影機材が落下し、お客様が負傷する事故が発生いたしました。事故にあわれた方には、心よりお詫
び申し上げます。また日頃より、乃木坂46を応援していただいている皆さまにはご心配をおかけし、誠に申し訳ご
ざいません。今後、ファンの皆さまが安心して楽しんでいただけるよう、これまで以上に安全には十分配慮し、より
一層の安全管理を行ってまいります。尚、本日11月8日開催予定の『真夏の全国ツアー2017FINAL!』に
関しまして、同様の撮影機材は使用せず、予定通り開催いたします」と記した。
 https://www.daily.co.jp/gossip/2017/11/08/0010714654.shtml
画像
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured

【乃木坂46ライブで重さ40kgのカメラが客席に落下 男性3人が負傷 】の続きを読む
 

1: 以下、ごぶごぶ速報@VIPがお送りします 2017/11/08(水) 08:20:58.15 _USER9
来年3月をもって終了することが決まった「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)。
96年秋からスタートし、視聴率20%台を連発していた時期もあったが直近10回の平均視聴率は6.1%(スペシャルを除く)と低迷。
「終わるのはショックだけれど最近はつまらなかった」「新レギュラーが増えた頃から見なくなっていた」など、
番組が終わる寂しさはあるものの、最近の内容を考えると“打ち切りやむなし”と感じている視聴者も多いようだ。

「11月4日放送回では、人気企画『オファーシリーズ』で三浦大知のバックダンサーとしてナインティナインの岡村隆史が踊る収録を終え、
1人でロケ車に戻ってきたところで『番組3月終了』を番組総監督から伝えられました。
瞬間、岡村は『えっ‥‥めちゃイケ、リアルなやつですか?』と絶句。この反応にネット上では『視聴率低下は岡村のせいじゃないのに』
『岡村のメンタルが心配』といった声が続出しています」(エンタメ誌ライター)

“平成のひょうきん族”を目指し、土曜の夜8時枠でスタートした「めちゃイケ」。
04年10月9日放送の「オールスター夢の激突8周年大感謝祭スペシャル!!」では番組歴代最高視聴率の33.2%を記録。
人気の抜き打ちテストシリーズ「国立め茶の水女子大学附属高等学校・中間テスト」や、
父兄から「教育上よろしくない」と指摘されていた企画「数取団」などが視聴者を大いに楽しませた。

11月5日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)では、ダウンタウンの松本人志がこれを受け「今後どんどん難しくなるっていうのは、ほぼ間違いないでしょうね」
とバラエティ番組の行く末を語ったが、「めちゃイケ」の終了によりテレビの過渡期を感じている人も少なくないのではないだろうか。

http://news.livedoor.com/article/detail/13860305/
2017年11月8日 7時15分 アサジョ

【岡村隆史「めちゃイケ終了に絶句」で懸念される硝子のメンタル 】の続きを読む
 

1: 以下、ごぶごぶ速報@VIPがお送りします 2017/11/08(水) 10:04:36.31 _USER9
 8日午前6時10分頃、北九州市八幡西区穴生4のマンションに住む女性から、「主人が自宅で猟銃を撃った」と110番があった。

 女性は外に逃げ出し、けがはないという。

 福岡県警八幡西署の発表によると、女性は夫婦2人暮らし。60歳代の夫が飼い犬を撃ち、現時点で室内には夫だけが立てこもっているとみられる。同署は、現場の周囲約300メートルの住民らの避難誘導を進めている。

 現場は、JR鹿児島線・陣原駅から南へ約600メートル。近くには小学校もある。

http://yomiuri.co.jp/national/20171108-OYT1T50010.html

【【北九州立てこもり】「主人が自宅で猟銃撃った」…飼い犬撃ち立てこもる 】の続きを読む
 

このページのトップヘ